ゲスト

ゲスト

2021年10月9日

下着でお尻が変わる!?美尻になるための正しいショーツの選び方


毎日身に着けるショーツ。下着は外から見えないものですが、勝負下着ということばがあるように、下着のデザインひとつで気分を左右するものでもあります。それだけではありません。普段何気なく身に着けているショーツは、美尻を目指す上でとても重要なもの。

お尻は常に圧迫されるため、毎日いつでも摩擦刺激や蒸れと戦っています。そのためショーツの形や素材を選び方ひとつで、お尻の形や肌質が左右されるのです。美尻を育てるためには、ショーツのサイズ、形、そして素材選びの3点が重要。今回は美尻になるためのショーツ選びを紹介します。

自分のサイズにあったショーツを

美乳を作るために、自分のサイズにあったブラジャー選びが大切なように、美尻になるためには、自分のヒップサイズにあったショーツ選びが大切です。ショーツのサイズがあっていないもの履き続けるとかぶれやかゆみ、お尻ニキビなどのトラブルにつながります。

さらにお尻の形の崩れの原因や、お尻と太ももの境目の段差の原因にもなるのです。「ブラジャーとショーツはセットのものじゃないと」という方もいらっしゃいますが、まずはお尻のサイズにあったものを選ぶことが何よりも大切です。ときには下着に対するこだわりを手放しましょう。

それではどんなショーツが自分のサイズにあっているのでしょうか。まずは自分が普段身に着けているショーツを履き、鏡でチェックしてみましょう。

ショーツがお尻に食いこんで、お肉がはみだしていませんか?

覆われるはずのお尻や下腹部が包み込まれていない場合もサイズがあっていない証拠です。もちろんショーツに隙間ができている場合も、サイズがあっていません。ショーツを脱いだ際に、ゴムの後がくっきりついてしまう場合も、サイズが合っていない証拠になります。

ショーツはついついなんとなく選んだサイズや履き心地で選んでしまいがちですが、一度しっかりサイズを測ってみましょう。ショーツのサイズ選びはウエストとヒップサイズをもとにXS~3Lなどのサイズを選びます。そして実際に身に着けて確認することも大切です。ウエストとヒップサイズから近いショーツを身に着けた姿を鏡で確認してみましょう。

お肉がはみだしたり、隙間はないでしょうか?

その場合は、お尻の形が崩れる原因になるので、ショーツのサイズを変更しましょう。そのほか何か気になることがあれば、サイズを上げたり、下げたりしてお肉がはみださず、隙間のないお尻をしっかり包みこんでくれるショーツを選んでください。

ショーツのメーカーや素材、機能によって、通常Mがあなたのサイズだとしても、SやLがちょうどいい場合もあるので、鏡に映る姿で確認しましょう。ブラジャーもショーツも下着は、自分のサイズにあったものを選ぶことが大切です。たったそれだけのことで、美尻に近づくことができますよ。

どんなショーツの形がお尻にはいいの?

現在ショーツの形は、増える一方ですね。ウエストサイズだけでもローライズ、ビキニ、ジャストウエストという形があります。裾丈ではボーイレングスやノーマルレッグ、ハイレッグがあり、ウエストサイズと裾丈を組み合わせることで、ショーツの形の種類は増える一方です。

ショーツを選ぶ際、お尻の肌トラブルに悩んでいない場合は、好きな形のショーツを選んで良いと思います。その際、必ずショーツのサイズがあっているかの確認は必要です。一方、お尻の黒ずみやニキビに悩んでいる方は、お尻全体を包みこむ形がオススメ。

お尻の黒ずみやニキビは、刺激や摩擦を最小限にすることが大切です。タンガタイプのショーツの場合、ズボンやスカートの素材によっては悪化させる場合があるため、避けるほうがよいでしょう。

そのほか、近年ではつなぎ目の少ないシームレスタイプのショーツも増えていますね。ショーツのつなぎ目もお尻への刺激のひとつとなってしまうので、美尻のためにはシームレスタイプの下着もオススメです。

またライフスタイルに合わせたショーツ選びをすることも大切。デスクワークが多く、座りっぱなしの状態が長い方は、ハイレッグタイプのものを選ぶと鼠径部の圧迫を最小限にすることができるのです。

お腹が冷えやすい方はジャストウエストやハイウエストのショーツがオススメ。そのほか、その日のファッションによって履き分けることも大切です。ショーツによってはボトムスに響くものがありますね。

ボトムスに響きにくいショーツもあるといいですね。ショーツの形はさまざまです。ライフスタイルやファッションによって使い分けられるように、さまざまなタイプのショーツを持っておくのがオススメですよ。

ニキビも防ぐショーツの素材


ショーツの素材選びも美尻を左右するので大切です。素材ひとつでお尻への摩擦刺激を悪化させ、お尻ニキビや黒ずみの原因を作ってしまうからです。肌に直接触れるものだからこそ、肌に優しい素材を選ぶようにしてください。

デザインを重視するとレースや柄がかわいいものは、ナイロンやポリエステルなど化学繊維をふんだんに使用しているものが多くなってしまいます。しかしナイロン素材などの化学繊維は、肌に優しいものとは限りません。安価な化学繊維はゴワつくものが多く、そのゴワつきが摩擦刺激になってしまうのです。

またナイロン素材などの化学繊維は、通気性があまり良くありません。お尻が蒸れるとお尻ニキビの原因や悪化につながります。さらにはデリケートゾーンに雑菌が繁殖し、いやな臭いの原因にもつながるのです。

そのため、ショーツの素材は肌に優しく、通気性に優れたものを選ぶことが大切です。素材でオススメなのが、天然素材を多く使用したものです。綿100%のショーツは通気性がよく、吸湿性、放湿性に優れているので、オススメです。

綿100%だけでも十分に肌に優しく、通気性に優れていますが、綿を上回るのが絹素材です。シルクとも呼ばれる絹素材は、綿の1.5倍もの吸湿性と放湿性をもっています。綿やシルク素材のショーツは、近年種類やデザインが豊富になっています。また価格も以前より安価になっているので、ぜひ試してみてください。

また最近は綿やシルク素材を利用したふんどしショーツも見かけるようになりました。古来の男性が着用していたふんどしをヒントに作られたふんどしショーツは、鼠径部にゴムを使用していないことで、よりストレスフリーになっているのだとか。

さらに天然素材を多く使用しているものが多いのも特徴のひとつ。通気性にも優れているので、黒ずみやお尻ニキビに悩んでいる方にもオススメです。ショーツの形や素材選びに悩んだ際は、ふんどしショーツも試してみてくださいね。

美尻になるための正しいショーツの選び方まとめ


美尻を手に入れるためには、ショーツ選びが重要です。あなたにあったサイズを見つけ、ショーツの形、素材にもこだわってみてください。毎日身に着けるものだからこそ、とことん、こだわってみましょう。ショーツの選び方を見直すだけで、あなたのお尻が美尻に近づくことができるのです。ぜひ正しいショーツ選びを身に着け、美尻を育てましょう。

« »