ゲスト

ゲスト

2021年7月19日

自粛生活でヒップダウン!?自宅でできるホームケア&トレーニング


自粛生活が長くなる中で、ヒップラインに深刻な問題を引き起こしていることをご存知ですか。最近、特に増えているお尻の悩みは、ヒップダウンした垂れ尻です。一見、自粛生活とは関係がないように思えますね。

しかし自粛生活の影響でヒップダウンを招いている方が、最近増えているのです。あなたもヒップラインを確認してみてください。

気付いていないうちにヒップダウンしていませんか?

今回は自粛生活の影響によるヒップダウンの原因と、自宅でできるトレーニングを紹介します。

自粛生活でヒップダウン!?お尻が垂れる理由

自粛生活が続くことで、学校ではリモート授業が、会社ではリモートワークが取り入れられることが多くなりました。また外出も自粛が要請され、休みの日も自宅で過ごすことが多くなってきています。このような行動制限により、自粛太りに悩む方も多いですね。

しかし行動制限による影響は、それだけではありません。私たちのヒップラインにも大きな影響を与えています。自粛生活の時間が長くなるにつれ、自宅の中で長時間座りっぱなしのことも増えたのではないでしょうか。

座っていることが多くなるとヒップダウンをおこし、お尻が垂れてしまうだけではなく、だんだん四角くなってきてしまうのです。なぜそんな恐ろしいことがおこるかというと、座っている間、お尻の筋肉が使われることなく、休んでいる状態だから。

その時間が長く続くことで、お尻の筋力が低下し、ヒップダウン、そしてお尻を四角い垂れ尻へと進行させてしまいます。さらに垂れたお尻は、床にむけて重力がかかることで、より深刻なヒップダウンをおこし、垂れ尻はますます悪化してしまいます。

長時間座りっぱなしの影響は、それだけではありません。長時間座りっぱなしの状態は、お尻だけではなく、下半身の筋肉をほとんど使用しないため、下半身の筋力を凄まじく低下させます。

血流やリンパの流れを促進させるのに有効なのが、筋肉を使用すること。筋肉を動かすことは、血行促進効果だけではなく、リンパの流れもスムーズにします。しかし、長時間座りっぱなしのような、下半身の筋肉を使用しない状態は、下半身の血流やリンパの流れを停滞させてしまうのです。

さらにそんな状態は、下半身を冷やし、むくみやすくします。長期間、座りっぱなしが続けば続くほど、ヒップダウンに加えて、さらなる問題も発生します。それが脂肪体内の老廃物が結合することでできるセルライトです。セルライトは血行やリンパの流れが滞っているところにできやすい特徴があります。

長時間座りっぱなしの筋肉を使用していないお尻を含む下半身は、まさにセルライト発生率を高めてしまう要注意パーツ。また自粛生活による運動不足による筋力の低下もヒップダウンした垂れ尻やセルライトの発生を高めます。

お尻のトラブルを生まないためにできるホームケアのひとつ、自宅での筋力トレーニングです。筋トレと聞くと、特殊な器具を使う高負荷の運動を想像するかもしれませんが、そんなことはありません。詳しく紹介しましょう。

自宅でできるお尻トレーニング

自粛生活によるヒップダウンを防ぐためには、しっかりお尻の筋肉を使用して、筋力の低下を防ぐ必要があります。お尻の筋肉に、毎日刺激を与えてあげるのです。まずはお尻の筋肉を緩めるストレッチからおこないましょう。

あぐらをかいて座ります。そこから少しずつ上体を前に倒しましょう。このとき、お尻が床から浮かないように注意してください。少しずつ上体をお尻から引きはがすように、前方に倒してみてくださいます。するとお尻の筋肉がジワジワと伸びてくるのが感じられるでしょう。

しっかりお尻の筋肉を緩めたら、いよいよトレーニングの開始です。お尻の筋肉を鍛え、自粛生活によるヒップダウンを防ぐためにオススメなのがスクワット。スクワットは下半身の筋肉を同時に使用することで、セルライト予防にも有効です。

基本のスクワットは、両手は腰に沿わせ、つま先を外側に向けて、肩幅よりも広く両足を開きます。背筋をまっすぐに伸ばした状態から、お尻を膝の高さまで落とします。その際、膝がつま先よりも前に出ないように注意しましょう。

またお尻を垂直に落とすのもポイントです。1日10回1セットを3セットおこなうのがオススメです。慣れてきたら回数を増やしましょう。

どうしても普通のスクワットで太ももに力が入ってしまう場合は、キックバックがオススメ。まず両ひじと両ひざをつけて四つん這いになります。おなかに力を入れて、体重を前方にかけます。

その状態から、片足を天井に向かって上げます。足を高く上げるのではなく、お尻の大殿筋を使用しているのを意識しながら、ゆっくり上げましょう。その際、お腹の力が抜けてしまうと上半身のバランスが崩れ、うまくお尻の筋肉を使用できないので、注意しましょう。片足20回ずつ毎日おこなうのがオススメです。

お尻の筋肉を鍛えて、筋力低下を防ぎ、ヒップダウンやセルライトを予防しましょう。

セルライトケアはトレーニング×エステケアが大切!

セルライトを防ぐためには、先ほど紹介した自宅でのトレーニングが有効です。ウォーキングのような有酸素運動で下半身の血行やリンパを促進するのも良いですね。しかしできてしまったセルライトは、いくら運動不足を解消しても、自宅でのトレーニングを頑張っても、なかなか取り除くことはできません。

セルライトは脂肪と老廃物が合体することでできます。一度できてしまったセルライトの脂肪と老廃物を分解させ、体外に排出するのは、自己流のケアだけでは難しいのです。だからこそセルライトケアは、トレーニングやホームケアで予防をして、できてしまったセルライトをエステサロンで取り除くことが大切です。

美尻研究所では、ヒップダウンした垂れ尻とお尻のセルライトケアができるメニューがあります。それが「小尻コース」です。小尻コースでは、脂肪溶解クリームをお尻に塗布して、硬くなった脂肪をやわらかくすることから始まります。

そして、セルライトを分解する効果のある脂肪吸引マシーンを使用して、お尻のセルライトを取り除きます。ヒップダウンしたお尻の形も整えながら、分解したセルライトをリンパに流しこみ、体外への排出も促す効果もあるのです。

セルライトケアが終わったあとは、EMS機器を使用して、ヒップダウンしたお尻を引き上げ、理想のヒップラインへと導きます。セルライトに悩む方にも、ヒップダウンしたお尻に悩む方にも、1度の施術で効果を実感いただけています。さらに続けることで、より効果が感じられる方がほとんどです。

自宅でのホームケアやトレーニングと併せて、ぜひエステサロンでの施術も取り入れてみてください。自粛生活によるヒップダウンやセルライトに悩みが、早く解決できますよ。

自宅でできるホームケア&トレーニングまとめ

自粛生活による運動不足や筋力低下により、お尻のヒップダウンやセルライトに悩む方が増えています。ヒップダウンした垂れ尻を防ぐためには、自宅でのトレーニングが大切です。トレーニングは、セルライト予防にもつながります。

またできてしまったセルライトには、自宅でのケアに加えてエステサロンでの施術を取り入れてみてください。その結果、あなたの理想のお尻が早く手に入れられることでしょう。

« »